パナソニックのレッツノートCF-S10に4GBのメモリを増設しました。

現状のCF-S10レッツノートは4GBの状態のままですので、実際に使える領域は3GB程度です。

 

これでは、グーグルクロームを立ち上げて、シリウス程度を立ち上げるとスグに一杯になってしまう可能性があります。

 

そのような訳なので4GBを追加して合計で8GBにしてみます。

 

今回買ったのはアマゾンで購入した4GBのメモリです。

 

届いたので早速開封してみました。

 

中身はいたって普通と思われるメモリーボードですね^^

 

このメモリーをつけるのに、まずはPCからコンセントを抜きます。

 

次にバッテリーを取り外しておいて、メモリーを増設する場所のカバーを外します。

 

このカバーはプラスネジ一本で固定されています。

 

簡単にフタがとれました。。

 

メモリーカードを取り扱う時には静電気に十分注意しておいて、取り付けはしっかりと奥まで差し込みます。

 

んでもって、スタートボタンから、コンピューターにカーソルを合わせて右クリックのプロパティーを確認してみます。

 

・・・・ガーン!!メモリは確かに8GBになっているのに、使用できるメモリは3.4GB程度なのです。

 

なぜ???っと、ド素人満載で調べてみたら、WIN7の32bit版は4GB以上は認識しないようになっているみたいですね・・・・

 

WIN7の64bit版は4GB以上でもメモリ認識するようです。

 

今回買った中古には32bitDVDが二枚あっただけです・・・標準の添付品も確認したのですが、32bit版が2枚の構成なので、まちがいない。

 

SSDにインストールしたのが32bitということになります。

 

さらに、取扱説明書をみてみると、何やらDVDからのリカバリだと32bitにしかリカバリできないが、HDDからだと32bitと64bitの選択が可能のようです。

 

ならばと、僕はDVDで一度32bitをインストールしておいて、次にSSDからリカバリをかけることにしました。

 

SSDからのリカバリの途中で、32bitと64Bitの選択が出来るではないですかwww ヤッターっとちょっと喜んでしまいました。

 

なんせ、インターネットをさがしても、こんな情報はみあたりませんでしたからね・・・

 

なので、僕が感謝をこめて困っている方に向けて、この情報を発信することにしました。

 

肝心の64bitにした理由の4GBのメモリ増設ですが、PCは8GBで認識してくれていて、使用可能は7.8GBになっていました!!

 

間違いなく成功しました。

 

では、快適なPCライフを楽しみたいと思います (*^_^*)

パナソニック製CF-S10のHDDをSSDに交換!交換前と交換後のスピードチェック

パナソニックのノートパソコン CF-S10のハードディスク交換で、交換前のHDDの書き込み読み込み速度を計測してみました。

 

『CrystalDiskMark』というフリーソフトを使って計測してみました

★交換前のHDDの読み書き速度

HDD交換前速度画像

シーケンシャルアクセス速度と、ランダムアクセス速度、読み出しと書き込みの一秒間の速度を表しています。

左上の5という数字は1項目ごとに5回計測するという意味で、速度数値は各平均値ということになります。

しかし・・・遅い。これではねぇ。。。

 

★次に、SSDの読み書きの速度

 

SSD交換速度画像

シーケンシャルアクセスは約5倍速くなりました。

ランダムアクセスが飛び抜けて早くなりました。

 

実際にパソコンを立ち上げた時の作業できる状態になるまでの時間は

40秒 ⇒ 20秒 で、立ち上がるまでの時間が半分d(´∀`)

 

シャットダウンは

15秒 ⇒ 6秒 で、更新がない場合は あっという間にシャットダウンできちゃいます。(≧∇≦)

 

バッテリーの持ちも良くなっていると思いますが、計測はしていません(^_^;)

 

Windows エクスペリエンス インデックスも調べましたが、プライマリーハードディスクのディスク転送速度は 5.9から7.8に跳ねあがった!
これだけのパフォーマンスなら取り換えて正解です。
容量は128GBで、僕にはピッタリサイズですが、欲張って256GBでもよかったのかなって。まぁ、今のままで十分でしょうd(´∀`)
このパソコンはWIN7で、64ビットにも対応していましたが、付属のWIN7インストールディスクが32ビット版収録のため、僕のPCは32ビットでインストールしました。
インストールにかかった時間は30分程度で、更新やセキュリティー組んだりで1時間程度で完了!
かなり爆速マシンになりました。
今はメモリが4GBだが、空きスロットがあるので、4GBのメモリーを増設して合計で8GBのメモリーですね♪
メモリーつけた時の速度も計ったら記事にアップしよっと(*´∇`*)

 

パナソニックCF-S10のHDDをSSDに取替えた方法です。

今回、くらっちがオークションで購入したパナソニック製のノートパソコン『CF-S10』のハードディスクドライブをSSD(ソリッドステートドライブ)に取り換えてみました。

取り換える前でも満足していたのですが、実際にSSDに取り換えてみて爆速ノートパソコンになったので、その結果を報告してみようと思います。

 

今回つかったSSDはTOSHIBA製品です。類似品レベルのサムスン製品もありますが、断然TOSHIBAでしょ~♪

安かれよかれでよければ、他にも多数メーカーが作っています。。。

 

アマゾンで購入したTOSHIBA製SSD128GBを撮影してみました。

TOSHIBA128SSD

 

箱を開けてみました

SSD128GB開封

箱のなかには、今回はつかわないスペーサーという鉄板と取付けねじとSSD本体がはいっていました。

今回つかうのは、このSSD本体だけです。

SSD128GB本体画像

厚みは7mmです・・・PCの本体に入っているHDDは厚みが9mmですが、PC内部にクッション材がはいっているのでガタツキはありませんね。

CF-S10画像

オークションで落札したパナソニックのノートパソコンです。テンキーが無くてスッキリしたキーボードは、とてもいい感じです♪

画面は12インチですが、モバイルでは実用的なサイズ

 

さて、そんな事はいいとしてPCを裏返してみました

CF-S10裏側画像

 

電源が切れている事を確認してバッテリーを外しました

その横の奥にHDDがはいっています

CF-S10HDD位置画像

プラスチック製の側面カバーがプラスネジで2か所止めてあります。

これを外してカバーを取り外す

ネジを外す画像

カバーを外しました

中には320GBのHDDがはいっています

 

カバー取外し画像

半透明のフィルムを持って、内臓されていたHDDを引っ張り出しました。

この程度引っ張り出した後、茶色の取付け部をHDDから抜いて、HDDだけをさらに抜き取ります。

 

この作業をしている時には静電気には十分注意です。といっても、身の回りの金属に触れるだけでも身体の静電気は放電されていると思います。

HDD出現画像

 

右は取り外した後のPCで、真ん中が取り外したHDDで、右が新しいSSDです。

ここまでは簡単でしたので記念写真d(´∀`)

 

HDDとSSDの写真

後は、SSDをPCに挿入して、茶色のケーブルを取り付けてフタを閉めて、二か所のねじ止め。

SSD取付け画像

元通りにバッテリーを装着して完了で~す(*^_^*)

 

おつかれさまでしたね。くらっち

 

 

パナソニックCF-S10のハードディスクをSSDに交換する方法

先日、ヤフーオークションで購入したモバイルPC『パナソニックのCF-S10』のスピードアップをするために、今のハードディスクをSSDに交換することにしました。

 

HDD(ハードディスクドライブ)を実際に交換してみないと、どれだけ早くなるのか分からないので試にしてみることにしました。

 

交換したHDDはTOSHIBA製SSDで、128GBタイプです。

TOSHIBA128SSD

純正でついていたHDDは320GBなので、128GBにダウンしたということです。

ですが、実際に320GBをアフィリ作業で使用するかといえば疑問ですね^^

 

僕はアマゾンで購入したのは

TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB

です♪

 

アマゾンは安くて送料無料の商品が多く、注文して早ければ次の日に届くのでよく利用しています♪

 

早速、取付けました。最初は沢山調べたのですが、結果的に爆速になった感じですww

SSDに取り換えてよかったです^^

 

このSSDを取り付ける詳細は別に記載しますね。

モバイルパソコンをオークションで購入

今まで使っていたモバイルノートPCはWinXPのパナソニック製品だったのですが、セキュリティーの自動更新が2014年4月からされなくなったのでWin7にアップをこころみました。

メモリーが1GBまでしか増設できない古いタイプのPCなので、全然ダメでした。。。

 

なので、新しくモバイルPCを購入することにしました。

最初は、マックブックを購入しようと検討したのですが、WinタイプのPCを買う事にしました。

理由は、慣れているから・・・笑

 

で、最近周りで購入する人が増えているマイクロソフトのサーフェスプロ3をお店の店頭で触ったりしました。

僕には必要のない機能が多くて、Win8.1にも まだ馴染めそうにない・・

 

なので、使い慣れているパナソニック製品で、Win7タイプの中古を探すことにしました。

 

オークションでも安くなっているCF-S10で、12インチで持ち運びも軽い。

今時のPCと比べると弁当箱のようにゴツイPCですが、安いのです。

CF-S10画像

オークションで送料込で4万円以下で購入できちゃいますd(´∀`)

 

CF-S9は一つ前のタイプで、さらに安いのですがUSB3.0が付いていなかったり、メモリが最大で6GBだったり・・です。

 

CF-S10はUSB3.0が付いていますしメモリは最大で8GBです。

断然CF-S10が将来的にもお買い得なのです。

 

サイト作成程度なので、高価なタブレットPCを買うよりも、今はパナソニックの中古PCがコストパフォーマンスに優れているように思えています♪

 

メール問合せ

おすすめクラウド

ドロップボックスに登録

上記リンクから登録で500MB容量アップ!

HP作成ソフト

シリウス

GRC

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ

消費者金融 保証人